top of page

WHERE IS THE MEANING?

「少々お待ちください」 って、どれくらいですか?

先日あるお店に行った時のこと、 「少々お待ちください」って言われました。 少々って、私は3〜4分くらいの感覚で待ってたんです。

でも、なかなか店員さんが戻ってこなくて。 時計を見てたわけではないので、どのくらいの時間が経っていたか正確に計っていたわけではないのですが、こういうことってあるなーって思ったんです。

その店員さんが「少々お待ちください」って言った「少々」は、5〜6分をイメージしていたかもしれないですし、もしかしたら10分前後を意味していたのかもしれません。

『意味』はどこにあるか。 ということは、大学の授業で学んで以来、人とのコミュニケーションにおいてとても大事にしてきたことです。

『意味』は常に伝えた相手の中にあるもの。

私はこう伝えた と思っていても、 相手がどう受け取ったか それが全てであるということ。

「少々お待ちください」の例から大きな話をしているようですが、同じことです。

「少々」が相手の中にある『意味』ときちんと同じ認識になるように伝えることを意識するだけで、きっと伝え方が変わるからです。

「5分ほどお時間をいただきますので、今しばらく店内をご覧になってお待ちください」 「10分ほどいただきますので、こちらのお席にお掛けになってお待ちくださいませ」 など、どれくらい待てば良いのかきちんとわかれば安心して待つことができるはずです。

このような小さなことが、お客様に安心感や信頼感を持っていただける第一歩だと思います。

参考になれば嬉しいです☺︎

これからも接客に生かせる内容も発信していきます。 朝晩は涼しくなってきましたので、体調などに気をつけてお過ごしくださいね☺︎



最新記事

すべて表示

接客を受ける

先日ある販売員さんお話ししていた時のこと。「私、あんまり買い物に行かないんですよ」 接客や販売という仕事に従事しながら、普段から接客をあまり受けない、というのです。コロナ禍やECの発展もあり、店頭で買い物をする機会が減っていたのかもしれません。 私たち世代が、お店で接客を受けて「モノを買うこと」が当たり前だった感覚は これから入社してくる世代の「物を買う」体験とはきっと違っているのだと思います。

Comments


bottom of page