top of page


桜の季節ですね。 こんな時代だけど、桜を見ると純粋に心が癒されます。 こんな時だけどお客様にも、そんな風に連絡を取り続けましょう。 会えない間も、覚えていていただけるように。 思い出していただけるように。 また何かの時に会いたいと思っていただけるように。 「いかがお過ごしですか。こんな時ですが桜は変わらず綺麗ですね。 自宅の側の川沿いを散歩して桜を見ました。 とても綺麗で、ただそれだけで幸せな気持ちになりました。 早く平穏な日々が戻ってくるといいですね。 〇〇様にまたお会いできることを楽しみにしています。」 こんな風に。 友達のように、家族のように、お客様の心に寄り添い続ければ、 きっとまた会いにいらしていただけます。 今だからできることを。 普段連絡できていなかったお客様に、今だからこそ久しぶりにご連絡してみてはいかがでしょうか。 リピーターを作ること、顧客作り、とても地道で時間がかかることですが、 そのようにしてできたお客様は本当に深く長く信頼してくださる方々です。 ECが盛んになっていくこの時代に、店舗にいる販売員だからこそAIにはできない「心」がある接客をしていきたいですね。


最新記事

すべて表示

接客を受ける

先日ある販売員さんお話ししていた時のこと。「私、あんまり買い物に行かないんですよ」 接客や販売という仕事に従事しながら、普段から接客をあまり受けない、というのです。コロナ禍やECの発展もあり、店頭で買い物をする機会が減っていたのかもしれません。 私たち世代が、お店で接客を受けて「モノを買うこと」が当たり前だった感覚は これから入社してくる世代の「物を買う」体験とはきっと違っているのだと思います。

Comments


bottom of page