top of page

自分宛に戻ってきていただくために


クリスマスプレゼントの下見や、ご自身へのご褒美などをお探しの方も増える12月。

今日接客した方がご購入されなかったとしても、また再度あなた宛にお戻りいただけるような接客を心がけたいですね☺︎

販売員として自己紹介したり、お客様に名刺をお渡しする機会があると思います。

あなたは名刺をお渡しする際に、 どんなことを意識していますか。

ご検討いただいた後、他のお店も見て悩んだ後、また自分宛にいらしていただけるようにお渡ししたいですよね。

そのためには、自分の何か覚えやすい特徴を伝えてみるのもひとつです。

例えば ・名前や漢字に特徴があればそのことを伝えてみる ・自分の強み(「シューズのことならフィッターの資格も持っていてより専門的にオススメできますのでお任せください」など) ・自分の職歴、社歴、販売員歴、店舗歴など

商品をご検討いただく際、自分を名乗ったり名刺をお渡しする際、より覚えていただきやふいようなワンフレーズを付け加えるだけでも印象に残りやすいはずです。

そして、また12月中に自分宛に戻って来ていただけるようにお見送りしましょう。

購入いただいた方にまた買いに来てくださいね、と名刺を渡す方は殆どかもしれません。 購入いただけなかったときにも、同じくらいの想いで 「またお会いしたいです。」 「ぜひまた私〇〇を呼んでください。」 「またお手伝いさせてください。」 とお伝えすることが大切です☺︎

忙しい12月ではありますが、 今日出会うお客様お一人お一人が、あなたにとって、 この先長く続くお客様となりますように。

身体に気をつけて、素敵な12月にしましょう☺︎


最新記事

すべて表示

接客を受ける

先日ある販売員さんお話ししていた時のこと。「私、あんまり買い物に行かないんですよ」 接客や販売という仕事に従事しながら、普段から接客をあまり受けない、というのです。コロナ禍やECの発展もあり、店頭で買い物をする機会が減っていたのかもしれません。 私たち世代が、お店で接客を受けて「モノを買うこと」が当たり前だった感覚は これから入社してくる世代の「物を買う」体験とはきっと違っているのだと思います。

Comments


bottom of page