top of page

今、目の前にいるお客様


12月のこの時期、クリスマスプレゼントや、年末のご褒美など、多くのお客様がご来店くださっているのではないでしょうか。

去年はこの時期にYOUTUBEでもお話しました☺︎



販売員側の立場では、忙しくて残業も増えてしまったり、連勤が増えてしまったりと体力的に大変な時期かもしれません。

そして、なんとなく毎日”クリスマスプレゼント”というニーズのお客様が増えて、慣れてしまう時期でもあります。

お客様にとってのクリスマスプレゼント選びはこのたった1回でも、販売員にとっては大勢の中の1人でしかない感覚で接客してしまっていないか、今一度振り返ってみる必要があります。

「プレゼントをお探しですか?」 「どのようなものをお探しですか?」

と、ついつい無難なフレーズで接客して、無難なお買い物にしてしまっていませんか。

お客様のこの特別なお買い物を、 “心を動かすフレーズ”で一緒に楽しみ、「今後もあなた宛に」と思っていただける接客にしませんか。

たくさんのお客様と出会える今だからこそ、リピーターにできるたくさんのチャンスもある時期でもあります☺︎

販売員にとってone of them、今目の前にいるお客様がたとえ大勢の中の1人であったとしても、 このお客様はonly one、たった1人のお客様であり、お客様にとってはとても大切な1度のお買い物なんですよね☺︎

そんなことを意識しながら、今日出会うお客様がこれからもあなた宛に長きに渡ってご来店くださるお客様になることを願っています☺︎

最新記事

すべて表示

接客を受ける

先日ある販売員さんお話ししていた時のこと。「私、あんまり買い物に行かないんですよ」 接客や販売という仕事に従事しながら、普段から接客をあまり受けない、というのです。コロナ禍やECの発展もあり、店頭で買い物をする機会が減っていたのかもしれません。 私たち世代が、お店で接客を受けて「モノを買うこと」が当たり前だった感覚は これから入社してくる世代の「物を買う」体験とはきっと違っているのだと思います。

Commentaires


bottom of page