top of page

人は感情で物を買う

先日、Instagramで見ていたブランドがPOP UP STOREをやるということで行ってきました。

いわゆるInstagramでフォロワーがたくさんいて、自分のブランドを立ち上げて・・・という方も最近増えてきていますよね。

とても素敵な方でいつも見ていて気になるお洋服もたくさんあってオンラインで買おうかなーでも素材も気になるな・・・なんて躊躇していた矢先にPOP UPをやることがわかって、たまたま近くで仕事があり予想以上に早く終わったので「行ける!」となって行ってみることにしました。

入店して、洋服を見初めていたら少ししてInstagramで見ていた綺麗な方がいるのが見えました。

基本、人見知りなのでこちらから声は掛けられませんが、その方もスタッフと話したり忙しいのか、何名か商品を見ているお客様はいましたが声を掛けてくれることもなく、私が見ているすぐ横にパンツを戻しに3回いらっしゃいましたが、一度も挨拶も声がけもありませんでした。

Instagramで見てきた笑顔も一度も見ることもできず、少し残念な気持ちになりました。

試着をしようかと思っていたものも、すっかりそのテンションではなくなりお店を後にしました。

デザイナーさんであって、販売員さんじゃないからかな・・・とプロフィールを改めて見てみたり。笑

『人は感情で買い、理論でそれを正当化する』

これは有名なマーケッターのダン・ケネディ氏の著書にも度々お目見えする、有名なフレーズです。

感情で欲しい!となる前に、その感情もどこかへ行ってしまった感じでした。

SNSはとてもよく映るものなのかもしれませんね。

期待をしてしまっていたのかもしれません。

もし自分のお店に訪れてくれたら・・・

どのお客様にも、せめてアイコンタクトでお礼を伝えたい。

名も無いこのブランドに足を運んでくれてありがとうございます。

InstagramでPOP UPをやることを知っていただいたのですか?ありがとうございます。

お礼をお伝えしたい。

と、思いました。

とても素敵なデザインなのにな・・・とまたInstagramで見ています。笑

お店に足を運ばなければオンラインでそのまま買っていたかもしれません。

リアル店舗を経験したために、買えなくなったなんて皮肉な話だなと思いました。

久しぶりの残念体験でした。

ブログにあまりネガティブな話を書きたくなかったのですが、このような経験からも学びがあると思って今日は書きました。

皆さんのブランドでも素敵なホームページ、素敵なイメージを打ち出し、それを見てお客様がご来店されると思います。

その時に残念な思いにさせてしまっていないか、今一度振り返ってみる機会になれば幸いです。

お客様の立場になってこういうことを日々感じること、とても大事だなと私も勉強中です。笑



最新記事

すべて表示

接客を受ける

先日ある販売員さんお話ししていた時のこと。「私、あんまり買い物に行かないんですよ」 接客や販売という仕事に従事しながら、普段から接客をあまり受けない、というのです。コロナ禍やECの発展もあり、店頭で買い物をする機会が減っていたのかもしれません。 私たち世代が、お店で接客を受けて「モノを買うこと」が当たり前だった感覚は これから入社してくる世代の「物を買う」体験とはきっと違っているのだと思います。

Comments


bottom of page